顧問契約について

~法人・個人企業主の皆様へ~

 取引先との契約、雇用の問題等の企業活動における法律行為は、知識を持った専門家が慎重に対応しなければ、後に訴訟に発展するなど多くの企業リスクを伴うものです。
 法律事務所と顧問契約を結んでおけば、毎月一定の顧問料(費用については、ご相談ください)を支払うだけで、適宜、迅速に、専門家である弁護士が法律問題に対応します。

 日常的に顧問先の会社とコミュニケーションをとれる顧問契約は、多くの法律問題を事前に解決することを可能とします。また、何か紛争に巻き込まれてしまった場合であっても、会社の状況に予め精通している顧問弁護士の存在は、紛争解決に大きなメリットです。

 さらに、顧問先会社の経営者、従業員の方の個人的な相談(もちろん守秘義務は遵守されます)には、通常よりも割安の費用で対応しており、社員の方の福利厚生といった意味でも顧問契約は御社を支えます。

 当事務所は、開所以来、35年以上に渡り、企業活動に関する多くの問題を解決して参りました。当事務所を御社のご発展にお役立てください。具体的な顧問料等については、一度、当事務所にご相談ください。